「未分類」カテゴリーアーカイブ

車を売る時に必要なもの

どうも、Toshiです。

車の査定をする際には、車の状態をしっかりと整えておけば問題なく査定してもらう事は可能です。

しかし、査定してもらった車を売る時は話が違います。

売る時には必ず必要になる書類があるんです。これらがないと売りたいと思っても車を売ることができなくなるので、気を付けて下さい。

では、実際売る時には何が必要になるのでしょうか。

それは、

・自動車検査証(車検証)
・リサイクル券(リサイクル料金を預託している場合)
・自動車納税証明書
・委任状
・実印
・ 譲渡証明書(これはお店で用意してくれます)
・印鑑証明書
・住民票
・自賠責保険証

です。

これらがないと車を売ることはできません。

実は車を売るのにも色んな書類が必要になり、それらをしっかり揃えておかないといけないんです。

お店で準備してくれるものもあるので売る我々が準備しないといけないのは、ほとんど本人のものである証明ができるものですね。

その中では結構皆さんあたふたするのは車検証ではないでしょうか?僕は車検証を補完していた場所に見当たらず結構探してやっと見つけました(笑)

売る時や名義を変える時でないとあまり使うことがないのでしまいっぱなしにしてしまってそのままって言う事も多いと思います。

車は必ず買い替える時期が来ますので、その際処分してしまうよりも少しでもお金に替えてしまった方が効率的ですよね。その為にも車検証は常に分かる場所に入れておくなどをしてあることがわかるようにしておきましょう。

車内のパーツは自己責任で変更しよう

こんにちは、toshiです。

今日は車のパーツについての話をしようと思います。

私は普段既存のパーツではなく、自分で気に入ったパーツをわざわざ買ってきてそれに付け替えてカスタマイズしています。

例えば、内装品。

これは基本的にはどの車にも付いているものはあるんですが既存品ってどこか味気なくて好きになれません。なので、ステアリングを変えてしまったり、シートカバーをつけたりとかはします。

ただ、内装って言っても変に部品を付け替えたりはしません。あくまで社内の内装を変更したりするくらいです。

それでも飽きたら変更、また飽きたら変更ってやっていくと、乗っている車に飽きずにいられるので、お勧めです。

新車が欲しくなるのは車内がいつも同じで味気ないからだと私は思っていて、それさえ解消できれば乗り続ける事はできるんじゃないかって思っているんです。

たまに、外装も変えてしまう人をみたりもしますけど(リペイントとかシールを貼ったりとか)、あれはさすがにやりすぎな感じがしてしまっています。

ただ、カスタマイズで気をつけないといけないのは車を売る時です。

カスタマイズしたものは既存品はないし、他社製なので、買取時には査定に響いたりします。というか、査定アップには繋がりません。

なので、売る時には必ず既存の物に付け替えてから売るようにした方が良いです。売る時の事もあるから私はリペイントしたりとかはしないんですよね。